イラスト

CLIP STUDIOで絵を描いて色をぬって保存する方法【基本操作】

CLIP STUDIOの基本操作

CLIP STUDIOの初心者に向けた記事です。

つまり、絵を描いて、色をぬって、保存する方法です。

いきなりこの部分でつまずいて、ペンタブがホコリかぶるというパターンがあるみたです。

できるだけハードルを下げるために、最低限のポイントだけおさえました。

これだけできれば、芋づる式でできることが増えていきます。

最初の壁を突破して、楽しくお絵描きしましょう。

用紙とレイヤーの準備

CLIP STUDIOを起動します。

ファイル→新規をクリックします
ファイル→新規を選択した画像

新規のウィンドウが開いたら「作品の用途」を選びます。
新規のウィンドウ

今回はイラストを選びます。

その下でキャンバス(用紙)のサイズを決められます。

今回は仮にツイッターのアイコンを作るという前提でサイズを幅400、高さ400とします。

[OK]をクリックすると下のように用紙とレイヤーが準備されます。

最初に準備されるレイヤーは「ラスターレイヤー」です。

ラスターレイヤーに線画を描いて、色をぬってもよいのですが、後々のことを考えると、線画はベクターレイヤーという種類のレイヤーに描くことをお勧めします。

つまり、線画はベクターレイヤーに描いて、色ぬりはラスターレイヤーで行うとデータとして扱いやすくなります。

線画はベクターレイヤー、色ぬりはラスターレイヤー

ラスターレイヤーは色ぬりの時に使うのでとりあえずこのままにしておいて、ベクターレイヤーを追加します。[レイヤー]新規レイヤー→ベクターレイヤー を選択します。

[新規ベクターレイヤー]のウィンドウが開くので適当に名前などをつけて[OK]をクリックします(ここではレイヤー2のままにします)
新規ベクターレイヤー

すると先ほどのラスターレイヤーの上にベクターレイヤーができました。

レイヤーに線画を描いて色を塗る

試しにこのベクターレイヤーにりんごの線画を描いてみます。 りんごの線画

次にこのりんごに色をぬります。色をぬるときはラスターレイヤーを選択します。
ラスターレイヤーを選択

ここで注意点が1つ。塗りつぶしの際は「他レイヤーを参照」を選択します。
他レイヤーを参照を選択

ここでいう「他レイヤー」とは線画を描いたベクターレイヤーのことを指しています。

線画を描いたベクターレイヤーの線画の枠内で塗りつぶすということになります。

カラー系パレットより色を選択して
カラー系パレット

塗りつぶしツールを使って色を塗ります。
繰り返しになりますが、色を塗るときはラスターレイヤを選択してください。
塗りつぶしツールで色を塗る

りんごの絵が完成しました。

完成した絵の保存方法

最後に完成した絵を保存しましょう。

ここでは一般的なJPEG方式で保存する方法について説明します。

[ファイル]画像を統合して書き出し→.jpg(JPEG)を選択します。

適当な名前をつけて保存します。
適当な名前をつけて保存します

JPEG書き出し設定の画面が出るのでOKをクリックします。
JPEG書き出し設定でOKをクリック

書き出しプレビュー画面が出るのでOKをクリックします。
書き出しプレビュー画面でOKをクリック

ここまでできれば最初の一歩は踏み出したことになります。

結構大きな一歩だと思いますよ。