未分類

オススメの一冊。赤川次郎「死者の学園祭」

サラリーマンやってると読みたい本がなかなか読めないですね。特に読めないジャンルが「小説」。ぼくは読み始めたら一気に読みたい方なので、特にその世界に入り込みたい「小説」を読む場合、ある程度まとまった時間が欲しい。だから読めないみたいです。

今何が読みたいか。それは赤川次郎の小説。

赤川次郎の作品はぼくが高校生くらいの時に出会ってその頃結構ハマっていました。

思い返せばぼくが小学生のころ、高校生の姉が赤川次郎の小説にハマっていました。その頃、ぼくは本を買うといえば「ドラゴンボール」のコミックとかでした。バイトして貯めたお金で赤川次郎の小説を買っている姉が「赤川次郎がおもしろい」とか言ってても、ふーんという感じでした。

そんなぼくが赤川次郎の小説を読むことになったのはそれから数年後、ぼく自身が高校生になった頃でした。

そのころは大してお金も持っていないので、暇なときにしていたことは、近所に何軒かあった古本屋巡り。

今は個人経営の古本屋ってすっかり姿を消してしまいましたが、その頃はぼくの住んでいるような地方にも割と古本屋がありました。

よく行っていた古本屋で出会ったのが、赤川次郎の「死者の学園祭」。いや、正確にいえば出会ったのは古本屋ではなく、通常の書店。なんとなく手にとってプロローグを読みはじめた。

真知子、ねえ、真知子。───ここよ、ここよ!

いきなりセリフから始まる。その後の衝撃の展開。

たった2〜3ページのプロローグで一気に赤川次郎の世界観に引き込まれてしまいました。特に、やさしそうな登場人物が実は…、みたいなところはゾッとしました。本当に怖くて、その怖さみたいなものにとりつかれてしまいました。その後、古本屋で同じものを探して買いました。

あと、ぼくはその頃、学校で密かに好きな女の子がいました。ちょうど「死者の学園祭」を読んでいる時、いつの間にか、その「好きな女の子」が「死者の学園祭に登場する女の子」と重なってしまい、その女の子を見る度に妙にドキドキしていたのを覚えています。今思えば内向的すぎる青年時代でしたw

高校生の頃はマンガ「金田一少年の事件簿」にもハマっていました。なんか人間の2面性みたいな部分にハマりやすいみたいです。

こんな感じで太字になっているセリフ

もなかなか画期的でした。

その後も赤川次郎の小説はいろいろ読みました。どれをとっても面白いですが、今まで赤川次郎の小説を読んだことがない人にまずオススメするとすれば間違いなく「死者の学園祭」です

あと赤川次郎の小説で好きなのは「杉原爽香シリーズ」。

このシリーズは主人公が15歳から始まります。その後、一冊ごとに主人公が歳を重ねていき、なんと現在44歳!いつの間にか爽香さんがぼくの年齢を超えていましたw
登場人物が読者とともに年齢を重ねるという画期的なこのシリーズもいつの間にか30弾。

タイトルに必ず色の名前がついているのもなかなか洒落ています。

この前、最新刊の「牡丹色のウエストポーチ」を買ったのですが、なかなか読んであげられず、積ん読状態になっています。早く読みたい!